2019年01月15日

スキーシーズン到来

スキーシーズン到来.jpg 総務の小野です。
スキーシーズン到来です。山スキー用の板を新調し、初山に挑んだのですが、1月なのに雪が少なくて滑りたかった斜面は雪面から草木や枝がでている状態でした。
埋まりきっていない茂みに足を取られないように緊張気味に滑り降りてきました。

昨年、肉離れでスキー場近くのクリニックに運ばれたとき、医師に「お久しぶりです」と言われました。
カルテを見れば2年前にも肉離れの処置をした記録が残っているので『また来たね』となるでしょう。

私も「前回とは反対の足だからこれでバランス取れたよ」と返しました。
処置を終え、医師に軽く礼を言って診察室を出ようとしたとき「またねー」と言われてしまいました。医師に一本とられた感じ。警察官と医者にはあまり会いたくないんですけど。

今シーズンの始めにはスキー仲間にも「クリニックの回数券売ってないの」などと言われ放題。
今年は怪我をしないように楽しみたいと思います。



担当:小野 絵里

九段下の会計事務所
http://www.tomiyama-kaikei.jp/
posted by tomiyama at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

日本酒あれこれ

 ご無沙汰しています、職員の海老澤です。

 最近、嗜む程度に日本酒を飲むようになりました。
 色々な日本酒を飲んでいますが、聞きなれない用語があり整理しましたのでご紹介します。
原酒・・・ 搾った日本酒を水で割らないものをいいます。
 搾った直後の日本酒は、アルコール度数が20度くらいあります。これに水を加えて調整して(「加水調整」といいます)、飲みやすい15度前後に調整するそうです。
生酒・・・ 搾った日本酒を熱処理しないものをいいます。
 日本酒を絞っても酵母が活動を止めていないので、味わいや品質が徐々に変化する可能性があるため、低温での温度管理が必要になります。
 したがって、加熱処理(「火入れ」といいます)することで味わいや品質が変化しないようにするそうです。
生原酒・・・ 搾った日本酒に加水せず、かつ火入れしないものをいいます。

 秋から冬にかけて、日本酒の製造が最盛期だそうです。
 1か月ちょっと前に出張で盛岡に行きましたが、その時日本酒のサーバーから瓶詰しても
らった大吟醸の生原酒を飲みましたが、出来立て・搾りたての新酒でおいしかったです。
(下記の写真がその時の日本酒です)
 日本酒も知れば知るほど奥が深いですね。
大吟醸生原酒.jpg



担当:海老澤 正典

九段下の会計事務所
http://www.tomiyama-kaikei.jp/
posted by tomiyama at 19:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

医学の進歩

 職員の大西です。

 4月に私の父親が心臓の手術を受けました。
 病名は心臓弁膜症で、心臓の弁が固くなり血液をうまく循環させることができなくなっていました。このため駅の階段を上るだけでもゼーゼー息が切れてしまい日常生活にも大きな支障が出ておりました。
 かかりつけ医師の紹介で大学病院を紹介してもらったところ、近々に手術をする必要があるとのことで、病室が空き次第入院することになりました。

 私は父親の手術に立ち会うことになり、事前に手術の内容について説明を受けました。症状としては、弁膜症の他に、不整脈、動脈硬化、動脈狭窄、さらに心臓に小さな穴が開いているとのことで、医師の説明は次のようなものでした。
 「手術する箇所が増えたので、5時間くらいかかりそうですね。」
 「まずは、心臓を手術するために肋骨をのこぎりで切ります。」
 「心臓を人工心肺につないでその間に全部の手術をします。」
 「動脈を人工血管に取り換え、バイパスを付けます。」
 「早ければ10日位で退院できますよ。」
 私にとっては、とても恐ろしい手術に感じ、こんなに大変な手術なのになぜ10日で退院できるのだろうかと思ったのですが、医師はとても軽い調子でこんな手術は日常茶飯事ですといった感じでした。

 手術当日は、丸一日病院に待機し、翌日には集中治療室から一般病室へ移り会話もできるようになりました。医師の言う通り10日で退院でき、すぐに日常生活を送れるようになりました。1ヶ月後には30年前の体に戻ったようだと喜んでいました。

 医学の進歩って本当にすごいんですね!


担当:大西 賢治

九段下の会計事務所
http://www.tomiyama-kaikei.jp/
posted by tomiyama at 21:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする